岩松勇人のビジネスパートナー【副業】Skill Shift(スキルシフト)で稼げない時の5つの原因と改善方法

副業

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、地域貢献しながら稼げるクラウドソーソングサイトである、Skill Shift(スキルシフト)で稼げない時の5つの原因と改善方法について説明していきます。

Skill Shift(スキルシフト)で稼いでいきたいけど、うまく稼げていない場合や、しっかりと稼いでいきたい、と思っている場合はぜひ参考にしてみてください。

Skill Shift(スキルシフト)で稼げない原因

それでは早速、Skill Shift(スキルシフト)で稼げない原因ですが、主に下記の5つが挙げれられます。

  • プロフィールが充実していない
  • 自己PRと志願理由が弱い
  • 他の応募者のスキルが高い
  • スキルがない
  • 希望する仕事がない

もし稼げていない場合は、こちらを改善するだけでも改善できる可能性があるので、それぞれ改善していくようにしましょう。

プロフィールが充実していない

プロフィールについては、マイページの「自分のプロフィールを編集する」というところから編集ができます。

もしプロフィールを埋められていない場合は、しっかりと埋めるようにしてみてください。

スキルは、記載できるものは可能な限り記載していくようにしましょう。

職務経歴もしっかりと正しく記載していきましょう。

嘘偽りなく記載することが信用していただ1歩目となるので、しっかりと記載するようにしてみてください。

人脈についても、もし会社員の繋がりが広がっている場合は記載してみてください。

もし名刺交換した経験があるのであればそれを活かせる可能性もあるので、こちらも可能な限り埋めるようにしていきましょう。

参加理由はどんなものでもいいですが、ここも嘘偽りなく記載するようにすることが信用してもらえる重要なポイントとなります。

隙間時間を活かして稼ぎたい、ということも1つの理由になるので、もしそういった理由であれば、そちらも記載してみてください。

その他に記載できそうなことがある場合は、参加理由のところに追記してみてください。

マイナスになることを記載すると採用がされ辛い可能性もあるので、マイナスなことはできるだけ記載をしないようにしましょう。

参加理由については、できる限りサイトのコンセプトに沿ったものであることが望ましいので、もしどのようなことを記載したらいいかわからない場合は、こちらを参考に作成を進めてみてください。

自己PRと志願理由が弱い

次に、自己PRと志願理由が弱い、ということについてですが、

Skill Shift(スキルシフト)で仕事の応募をする際は、応募フォームに「自己PR」と「志願理由」を記載して行う流れになっています。

この自己PRや志願理由がうまく作成できていない場合は、採用してもらうことが難しくなります。

ここに記載する内容は、可能な限り、企業のニーズにマッチするものを記載するようにしていきましょう。

企業のニーズについては、“事業課題と期待すること”“応募条件・スキル”の2つを確認してみてください。

このニーズに添えていない場合、採用してもらうことは難しくなりますが、もし経験がない場合でも提案が魅力的であれば、採用してもらえる可能性は上がります。

ただスキルがある、というだけではなく、具体的なこのような流れで実施を予定している、このような流れでサポートができる、ということを資料を用いて説明することによって採用してもらえやすくなるので、

可能であれば下記に資料も添付し、応募を進めてみてください。

他の応募者のスキルが高い

次は、他の応募者のスキルが高い、ということについてですが、

応募は当然自分だけが行なっているものではないので、他の応募者がいる可能性があります。

例えば、下記の案件であれば、12人の応募がすでにあります。

12名と比べた中で、1名を選ぶ流れとなっているので、必然的に採用されない可能性の方が高くなります。

他の応募者がそのような人かは確認できないので、自己PRなどを他の人と比べる前提で作成していき、魅力的な提案にしていかなければ採用されることは難しくなります。

ネットの世界には自分よりスキルの高い方は多いので、その人との違いを何か出していかなければ気に留めていただくことも難しくなります。

これを前提として動かないと採用してもらえない可能性があるので、もし採用していただきたい場合、どのようにしたら他のすごい方に勝てるのか、ここをしっかりと考えながら応募を進めていくようにしましょう。

スキルがない

4つ目はスキルがない、ということについてですが、

Skill Shift(スキルシフト)の特性上、スキルがない方は採用してもらえない可能性が高くなっていることが現状です。

その理由も、企業や店舗様は即戦力を求めているからです。

正社員として採用したいが、難しいから副業会社員の制度を利用する流れとなっているので、基本的には正社員と同じ、もしくはそれ以上のスキルが求められます。

副業として募集はしていますが、あくまで「会社員で身につけたスキルを活かして協力してほしい」というスタンスがSkill Shift(スキルシフト)で仕事を募集しているところの特徴なので、

ここをしっかりと意識した上で、スキルを活かせる仕事を探してみてください。

希望する仕事がない

最後に5つ目の希望する仕事がない、ということについてですが、

Skill Shift(スキルシフト)では、募集されている仕事は多いですが、自身のスキルが低い場合や、自分のスキルを活かした仕事の募集が少ない際は、稼げないことが多いです。

募集される仕事の多くは、これらのように即戦力を求めるものばかりなので、スキルを活かして会社や店舗に貢献できない場合は、採用してもらうことも難しくなります。

また、自分に合うものがあったとしても、自分のスキルをピンポイントで活かせる仕事もそこまでたくさん募集されているわけではありません。

そのため、もし自分に合うものがあったとしても採用してもらえなければ稼ぐことは難しくなります。

そのため、もしSkill Shift(スキルシフト)で思うように稼げない、という場合には、ここにこだらりすぎず、他のクラウドソーシングサイトを活用した方が稼ぎやすくはなります。

Skill Shift(スキルシフト)は安定して稼げることがメリットではありますが、タイミングと縁が合わさらないと稼ぎにくいところにはなるので、

もし思うように進まない場合は、クラウドワークスやランサーズで稼ぐようにしてみてください。

以上5つが稼げない原因と改善方法です。

もしSkill Shift(スキルシフト)で稼げていない場合はこれらを意識しながら改善を進めてみてください。

まとめ

以上が、地域貢献しながら稼げるクラウドソーソングサイトである、Skill Shift(スキルシフト)で稼げない時の5つの原因と改善方法についてでした。

それぞれすぐに改善できるものもあれば、改善できないこともあると思います。

Skill Shift(スキルシフト)で安定して稼げるのは理想的ではありますが、それが難しいという場合もあるので、もし稼げない際は、切り替えて他のサイトを利用するようにしていきましょう。

副業では自分に合ったところを探して稼いでいくことが一番いい方法なので、色々なところを試しながら、自分が一番稼ぎやすいと思ったところをぜひ探すようにしてみてください。

もしどのようなところがいいかわからない場合は、他の動画で説明していますので、そちらも確認してみてください。

色々と活用しながら、ぜひ自分が稼ぎたい金額を稼げるようになっていきましょう!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼