岩松勇人のビジネスパートナー【副業】スキルクラウドで稼げない7つの原因と改善方法

副業

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、今スキルを売りたい方におすすめなクラウドソーシングサイト、スキルクラウドで稼げない7つの原因と改善方法について解説をしていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2021-10-27-14.58.57-1024x511.png

スキルクラウドで稼ぎたいと思っているけど、稼げない、となっている場合や、もっと稼いでいきたい際は、参考にしてみてください!

スキルクラウドで稼げない原因

まず、スキルクラウドで稼げない原因ですが、主に下記の7つが挙げられます。

  • サービスの出品数が少ない
  • サービスのタイトルが悪い
  • サービスの内容が悪い
  • スキルが低い
  • 評価が低い
  • プロフィールが悪い
  • スキルクラウドのみで稼ごうとしている

もしスキルクラウドで稼げていない場合は、これら7つを改善してみてください。

それぞれ解説をしていきます。

サービスの出品数が少ない

まずサービスの出品数が少ない、ということですが、

スキルクラウドで出品を進めたての際、サービスの1つや2つしか出品していない場合は、あまり売れず稼げない可能性があります。

1つのサービスで実績を多く作っている方もいますが、まずサービスを知ってもらうためには色々な角度で出品をすることが大事になります。

実績のある方でも、このように、1つのサービスを出品するのみでなく、少し角度を変えてサービスを出品されています。

こうすることで、1つのサービスではあまり興味を持たなかった人も、興味を持ってくれる可能性が高まります。

同じ人が似たようなサービスを出していると、おかしく思われないかも気になるかもしれませんが、お客さんは、出品者のことは初めはあまり深くみていないので特に気にしなくても大丈夫です。

お客さんはまずはサービスを比較して、その後購入しようか悩む時に出品者を確認します。

そのため、自分のことが認知されるのは、この購入される可能性がある段階となり、入り口のサービス内容のところでは特に気にしていません。

サービスを売るためにはこの入り口をとにかく色々と作り、様々な角度でお客さんを呼び込むことが大事なので、もしスキルクラウドでサービスを出品する際は様々な角度で複数の商品を出していくようにしましょう。

サービスのタイトルが悪い

次にサービスのタイトルが悪い、ということについてですが、

スキルクラウドでは出品しているサービスには様々なタイトルが付けられます。

このタイトルがお客さんに検索して見つけてもらう為に重要な部分となるのですが、タイトルを適当につけてしまっていると、せっかくのお客さんを逃してしまう可能性があります。

タイトルの付け方としては、“自分のサービスを購入してくれそうな方がどのようなキーワード(言葉)で検索するのか?”ということを考えながらつけていくことが検索されやすいコツなので、ここを意識して作成を進めていきましょう。

もしキーワードが複数思い浮かぶ場合は、下記のようにサービスを複数に分けて角度を変えて出品をしてみてください。

もしどんなキーワードで検索されるかがわからない場合は、他の方の出品しているサービスを見ながら、色々とキーワードを探り、自分のところにも入れるように工夫をしていきましょう。

購入される以前に相談すらもない場合は、こちらを改善するだけで見られる可能性も上がっていくので、先ほどの内容と合わせてこちらも取り組んでいきましょう。

サービスの内容が悪い

次にサービスの内容が悪い、ということについてですが、

先ほどまでの内容がしっかり取り組めていても、サービスの内容が悪い場合は、購入してもらうことは難しくなります。

サービスの内容が悪いというのは、具体的には、“価値がない”や“信用できない”と感じさせてしまっているものであることが多いです。

もしサービスが購入されていない場合は、内容もしっかりと見直すようにしてみてください。

見直し方についてですが、基本的には、すでに購入してもらえている人のサービスを見ていきながら、足りないところを埋める、という流れで進めてみてください。

例えば下記のようなサービスですが、他の似たようなサービスがある中で、販売件数が3件となっています。

相談系のサービスは多いのに、この方の実績が伸びているのには必ず理由があるはずなので、中身をしっかりと確認していきます。

中身を見ていくと、おそらく自分との違いがわかるかと思います。

おそらくこの方を見て思うこととしては、文章の量がとても多い、ということや、熱量やメッセージがしっかりと記載されている、などだと思います。

ただ単にサービスを実施します、というのでなく、購入していただける方に寄り添って、満足いただけるサービスを提供してします、ということを丁寧に記載することにより、より安心感を持っていただけ、購入しても大丈夫ということを思っていただけることが想像できます。

おそらくサービスを購入してもらえていない時は、説明文とりあえず作成しただけ、ということになっている可能性もあると思いますので、このような方を参考に足りないところを埋めていき、説明文を修正するようにしていきましょう。

スキルが低い

次に、スキルが低い、ということについてですが、

スキルをサービスとして売っていく際、他の出品者との差別化ができないと基本的には売ることができません。

購入者が見た時に、スキルや実績がある方と、実績がないスキルもあるかわからない自分、という風に比較されてしまうと、どうしても購入はしてもらいにくくなります。

そのため、先ほどまでお伝えした内容で工夫して可能な限りサービスを販売できるようにしていくのですが、それでもスキルが低く、他の方と差別化ができない場合は売れないことが多いです。

例えば、先ほどまで例に出している相談系のサービスは、全部で590件あります。

細かいカテゴリに分けていくとそこまで多くはないですが、この掲載されている他の人たちが競合になるので、これらの方の中で自分が違いを出すことができないと、お客さんの目に留めてもらうことは難しくなります。

初めのうちはとりあえずサービスを出してみる、という流れで進めてもいいのですが、本格的に稼いでいきたい場合は、しっかりと差別化を意識して進めた方がいいので、

他の出品者がどのようなことをしているのか?どのような特徴があるのか?そこに対して自分は何ができるのか?ここを考えながら出せるスキルを最大限活かすようにしていきましょう。

もしスキルが足りないと思う場合は、スキルを身につけるか、スキルを補うために価格を下げるかどして、差別化をしていくようにしてみてください。

評価が低い

次に評価が低い、ということについてですが、

スキルクラウドを始めたての際は、当然評価は0の状態からスタートします。

評価がない時は、お客さんは不安になってしまうので、サービスを購入してもらうことは難しくなります。

そのため、評価がない場合は、評価を上回るサービスを作るか、価格を下げてまずは体験していただく、ということが大事になります。

専門家のような方でも、このようにワンコインという金額でサービスを提供されているので、まずはこのように手を出しやすい金額でサービスを提供し、評価を溜めていくようにしましょう。

安い金額で提供するからといってサービスの質を下げてしまうと、評価もよくならないので、安いのにとても良かった、と思ってもらえるようなサービス提供を意識してしっかりと進めてみてください。

プロフィールが悪い

次はプロフィールが悪い、ということについてですが、

プロフィールもしっかりと記載ができていない場合、サービスを購入してもらいにくくなります。

評価がない際は、お客さんはプロフィールもしっかりと確認し、その人がどんな人なんか、安心できる人なのか、ということを見ていきます。

その際、記載されている内容が安心できるものでない場合は、サービスを購入してもらうことはできません。

そのため、お客さんに安心していただけるような文章をしっかり記載し、改善を進めていきましょう。

内容の改善については、出品したサービスの内容の部分でもお伝えしましたが、実績がある方を見て、差を埋めていくことが一番良いやり方となります。

例えば、この方の場合、Youtubeに動画を上げていたりします。

動画は必ず作られなければいけない訳ではないですが、その人が実際どんな人なのか、ということをまず知れる場所になるので、もし可能であれば進めていくのがおすすめです。

動画以外にも自身の趣味などを記載することにより親近感を持っていただくことは可能なので、これらも意識しながら進めてみてください。

スキルクラウドのみで稼ごうとしている

最後は、スキルクラウドのみで稼ごうとしている、

ということについてですが、

スキルクラウドは以前こちらでもお伝えした通り、まだ成長中のサイトとなります。

そのため、今稼ぎやすいサイトではないです。

今後の伸びる可能性があるのですが、現状はどうしても認知度が低いこともあり、ココナラのように大きく稼ぐことは難しいです。

もし大きく稼ぎたい場合は、ココナラのような有名なサイトでサービスを販売していくことが理想的になってきます。

スキルクラウドが悪い訳ではないのですが、どうしてもスキルクラウドだけでは大きく稼げるまでに数年は地道に進めていくことが必要になります。

そのためもし早く稼ぎたい、という場合は、ココナラを活用するか、別の副業に取り組むようにしてみてください。

別の副業については、Youtubeで色々と紹介をしていますので、自分に合うものを選んでいただき実践をしてみてください。

自分に合うものがどこかにあると思いますので、色々と取り組みながら稼ぎたい金額を稼げるようにぜひなっていきましょう。

まとめ

以上が、スキルクラウドで稼げない7つの原因と改善方法についてでした。

スキルクラウドはサービスを売っていくサイトになるのですが、どうしても取り組むべきことは多くなってきます。

アウトソーシングサイトで稼ぐより少し難易度は上がってしまいますが、やるべきことはシンプルで対策も正解に近いものは実績を出している人にあるので、改善もしやすいと思います。

もし売れない際は今回の内容を試していただくことで売れるようになる可能性が上がりますので、まずは今回の内容を取り組むようにしてみてください。

サービスが売れるようになると楽しくなると思うのですが、どうしてもスキルクラウドは成長中のサイトということもあり、数多くサービスが売れる、という訳ではないので、

もしすぐに稼ぎたい場合や、大きな金額を稼ぎたい場合は、ココナラや他の色々なサイトを活用して稼ぐことを視野に入れながら進めていくようにしましょう。

スキルクラウド以外の稼ぎ方については、順次Youtubeにアップをしていきますので、こちらも確認しながらぜひとも取り組んでみてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-11-01-20.51.36.png

稼ぐことは少し大変ではありますが、稼げるようになると楽しくなってくると思いますので、ぜひ稼げるまで頑張って取り組んでいくようにしましょう!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼