岩松勇人のビジネスパートナー【副業】主婦向けの副業サイト、Shufti(シュフティ)とは?

副業

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、主婦向けの副業が掲載されているクラウドソーシングサイト、Shufti(シュフティ)とはどんなところなのか?ということについて解説をしていきます。

クラウドワークスやランサーズで仕事をしているけど、もっと仕事の幅を増やしていきたい場合や、主婦でもできる仕事を探している方はぜひ参考にしてみてください。

Shufti(シュフティ)とは?

それでは早速、Shufti(シュフティ)とはどんなところなのか、ということについてお話をしていきます。

Shufti(シュフティ)とは?

Shufti(シュフティ)とは、2007年から株式会社うるるというところが運営するクラウドソーシングサイトです。

主に主婦でも取り組めるような軽作業系の仕事が多く、主婦向けに特化したサイトとなっています。

特徴

特徴は先ほどもお伝えした通り、主婦向けに特化したサイトとなっていることです。

主婦でも取り組める案件が多数掲載されており、案件数は常時1000以上掲載されているように、多数の仕事から自分に合ったものを選びやすくなっています。

スキルが不要な仕事も多いので、すぐに仕事に取り組めることもシュフティの魅力となります。

費用

シュフティを利用する際の費用ですが、基本利用料は無料となっているので、案件の応募には一切費用はかかりません。

報酬の支払い時や、仕事が終わった際の報酬から差し引きされるような手数料のみがかかる費用となっています。

かかる費用の内訳は、「システム手数料」「後払いシステム利用料」「振込手数料」「組戻手数料」の4種類となります。

ただ、「後払いシステム利用料」がありますが、「後払いシステム利用料」は依頼者に関わる部分なので、特に気にせずで大丈夫です。

それぞれ簡単に説明します。

システム手数料

システム手数料は、契約した仕事の「報酬額の10%」が利用料として引かれる流れとなります。

契約金額から自動的に引かれる為、契約の際に決めた報酬額より、受け取ることができる金額は10%低くなります。

これはシュフティ側が依頼者を集客したり、サイトの維持をしたりする際に必要なので、かかることは仕方がないものと思っておきましょう。

振込手数料・組戻手数料

振込手数料と組戻手数料は、報酬受け取りの際に発生する費用です。

下記に記載の通り、銀鉱振込の度に“550円”が振り込み手数料として引かれます。

また、口座情報に誤りが合った場合は、追加の手数料として“55円”が振り込み金額から差し引かれるようになります。

口座情報が間違っていたら追加で費用がかかってしまうので、振り込み口座は間違いなく入力するようにしましょう。

振込手数料については、”550円”が毎回振り込みの際にかかってしまうので、もし報酬を受け取る際はまとめて受け取ることを推奨します。

シュフティは報酬には有効期限はないので、貯金する感覚で仕事をしてみるのもいいかと思われます。

掲載されている仕事

以上がシュフティについての説明となりますが、実際にどんな仕事が掲載されているのかも簡単にご紹介をしていきます。

もし登録をしようか悩んでいる場合は参考にしてみてください。

データ入力・商品登録

まず掲載されている仕事の1つはデータ入力・商品登録の仕事です。

データ入力の中にも、データチェックや、指定したものを入力のみなど、種類が分けられています。

記帳などの経理関係や、エクセルやスプレッドシートなどに指定したデータを入力する軽作業が多く掲載されています。

商品登録は、ファッション関連の商品の出品作業が多く掲載されています。

この他にも出品作業を代行して欲しいという業者様が多数いらっしゃるので、もし単純作業が得意な方はぜひ取り組んでみてもいいかと思われます。

簡単なデータ入力業務よりは高い金額をいただくことができるので、受けられる仕事の中ではおすすめな業務となります。

ライティング

次に掲載されているのがライティング業務です。

ライティングはインタビュー作成や、音声の文字起こし、ブログの記事作成などとなっており、文章作成全般の仕事が掲載されています。

趣味感覚でできるものもあるので、色々なことに取り組んだり、趣味を活かして仕事をしたいと思っている場合は、この辺りも検討してみてください。

ただし、記載する文字数によって報酬が変わったりすることが多いので、パソコンで文字入力が遅い場合はあまり向かない可能性があります。

文字入力が早い場合は、適切な仕事が見つかることが多いので、ぜひこちらに取り組んでみてください。

営業・カスタマーサポートなど

次に掲載されているは、営業代行や、カスタマーサポートなどの営業支援系の仕事です。

営業支援の中には、インタビューなど少し難しいものなどもありますが、下記のようにアンケートモニター調査のような案件もあるので、気軽に取り組んでいただける仕事が多くなっています。

もしガッツリと稼ぎたい場合は、下記のように、テレアポやコールセンターのような業務もあるので、もし時間や場所がしっかりと取れる場合は、このような仕事も検討してみてください。

デザイン系

次に掲載されているものが、デザイン系の仕事です。

デザイン系については、通販のバナーや商品画像の作成、ロゴのデザインなど、デザイン力が求められる仕事が多くなっています。

会社員や、プライベートなどでデザインの勉強をした経験があったり、実際に作成した実績があるのであれば受けられる可能性があるので、ぜひこちらもみてみてください。

下記のように受けやすく、報酬も高く設定されているものが多いので、数をこなしていくと高い報酬を得ることも可能となっています。

WEBデザイン系

次に掲載されているのが、WEBデザイン系の仕事です。

WEBデザインは、先ほどのバナー作成のようなものとは別で、サイト全体のデザインであったり、コーディングなどを求められることが多くなります。

ここは専門知識が必要となるので、専門知識がある場合は、下記のような募集案件を確認してみてください。

翻訳系

次に募集されているものが翻訳系です。

翻訳は、様々な外国語を日本語訳して欲しいという要望の仕事となります。

下記のように取り扱い説明書で合ったり、外国人向けの業務であったり、外国語を求められる仕事がここに掲載されています。

もし外国語が使用できて、それを活かしきれていない場合は、こちらに応募をするようにしてみてください。

外出が必要な仕事系

最後に掲載されている種類が、外出が必要な仕事です。

これは、インタビューを受けたり、覆面調査員として実際に飲食店に行ったりすることにより報酬を受けることができる仕事となります。

仕事の種類は様々となりますが、下記のように覆面調査員やサービスモニター関連の仕事が比較的多く募集されています。

場所の制約がある場合が多いですが、無料でサービスを受けることができ、報酬も支払っていただくことができるので、とてもお得なものとなっています。

当然、仕事となるので、しっかりとした調査内容を記載する必要はありますが、どのようなところをチェックしたらいいかなども記載されているので、そこを中心に進めていくのみで問題ありません。

この調査は、サービスの向上を目的として行われるので、お金が支払われる流れとなっています。

無料と聞くと怪しいと感じてしまうかもしれませんが、企業側が少しマイナスになったとしても、将来的なサービス向上を目指して進めているのもなので、興味がある場合は気にせず受けてみてください。

以上が掲載されている主な仕事内容となります。

もし気になったものが合った場合は、シュフティに登録して、仕事を受けてみてください!

まとめ

以上が、主婦向けの副業が掲載されているクラウドソーシングサイト、Shufti(シュフティ)とはどんなところなのか?ということについて解説でした。

シュフティはクラウドワークスやランサーズにも掲載されているような仕事もありますが、特に主婦向けに特化していることもあり、今まで見つからなかった案件が多数見つけられると思います。

クラウドワークスやランサーズでは採用してもらえなかった仕事も、シュフティでは採用してもらえる可能性はあるかもしれません。

手数料も10%とそこまで高くないので、もし興味を持った場合はぜひ登録をして、仕事を探してみてください!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼