岩松勇人のビジネスパートナー【副業】Shinobiライティングで稼げない5つの原因と改善方法

副業

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、Shinobiライティングで稼げない5つの原因と改善方法についてお伝えしていきます。

ライターとしてShinobiライティングで稼いでいきたいけど、なかなかうまく稼げていない、という場合には、ぜひ参考にしてみてください。

Shinobiライティングで稼げない原因

それではまず、Shinobiライティングで稼げない原因についてですが、主に下記の5つがあげられます。

  • 記事制作数が少ない
  • 記事の質が低い
  • 記事制作のスピードが遅い
  • 実績が少ない
  • Shinobiライティングにこだわり過ぎている

それぞれ改善していけば自分が想定している金額を稼ぐことも可能になっていくので、もし思うように稼げていない場合はこれらを改善していきましょう。

それぞれ解説していきます。

記事制作数が少ない

まず、記事制作数が少ないということですが、

ライターの仕事上、制作した記事数や、作成した記事の文字数に応じて報酬が決定されます。

大体の仕事が文字数を指定しての仕事なので、この記事制作数が少なくなってしまっていると、当然報酬を稼げません。

もしライターの仕事で報酬を稼いでいきたい場合は、記事制作数をとにかく増やすことを意識して進めてみてください。

記事はほぼ毎日追加されていて「NEW」とつくものが新しいものなので、とにかく様々な仕事に取り組むようにしていきましょう。

記事の質が低い

2つ目は記事の質が低い、という部分ですが、

ライティングの仕事は、とにかく文字を入れればいいわけではなく、依頼主が指定した内容でしっかりと作成ができている必要があります。

きちんと作成できればしっかりと報酬を支払っていただけますが、記事の質が悪い場合は、報酬をいただくことはできません。

例えば、下記のように指定があるのにも関わらずNGワードを入れてしまっていると、報酬を支払っていただくことは難しくなります。

また、ルールも指定されていることもあり、これらに沿った内容ができていない場合は、報酬をいただけない可能性もあります。

作成例も提示いただいているところが多く、指定通りに進めていけば問題はないのですが、自分のやり方で作成を進めてしまうと不採用になり、報酬をいただけなくなってしまうので、この辺りは注意をして進めるようにしましょう。

あとは、依頼主が満足できる内容を作成すれば継続して依頼をいただける可能性は高まりますが、その質については、数をこなす中でできていく部分なので、質を高めていく際には、とにかく数をこなしていくことを意識して進めてみてください。

記事制作のスピードが遅い

次に、記事制作のスピードが遅い、ということについてですが、

1つ目でお伝えした通り、記事制作数が少ない場合は稼げる金額は少なくなってしまいます。

先ほどお伝えした質が低い場合も採用がされず、稼げない原因となるのですが、質が一定数に達していても、制作のスピード感が遅く、思うように制作数を増やせていない場合も稼げない可能性は高まります。

例えばこちらの案件ですが、2000文字の作成で180円分のポイントをいただけます。

こちらの仕事は、1文字辺り約0.1円となるのですが、こちらの作成に例えば8時間かけてしまうと、日給は180円となり、全然稼ぐことはできません。

当然、単価が低いことも要因にはなっているのですが、この案件は比較的取り組みやすいものなので、これに時間がかかってしまっていると稼げる金額はどうしても低くはなってしまいます。

スピード感についてはすぐにスキルアップをしていくことは難しいので、とにかく数をこなしながらスピード感早く記事制作をできるように繰り返し取り組んでみましょう。

稼ぎながらスキルアップができることがこの副業の良い点ではあるので、今思うような金額が稼げていないても、徐々に稼げる金額を大きくしていけるようにすれば問題はないです。

目指すところとしては、1000文字〜3000文字の記事を1時間で制作できるようになって、単価1円以上の案件を受けていくことです。

ここまでできれば、大体時給が1000円以上になるので、十分ライターとして食べていける報酬金額となります。

いきなりここは難しいと思いますが、慣れれば文字数をこなすことは問題なくできると思いますので、地道に継続して取り組んでいくようにしてみてください。

実績が少ない

次は実績が少ない、ということについてですが、

実績については、多ければ多いほど、Shinobiライティング側からのオファーを受けやすくなっていきます。

Shinobiライティングでは、下記のように実績に応じてオファーを行なっているので、オファーを受けられるように実績を積むことはとても大事となります。

一般公開されていない案件は報酬単価が高いものもあるようなので、もし単価の高い仕事を取り組んでいきたい場合は、しっかりと制作数を増やし、実績を積むようにしてみてください。

Shinobiライティングにこだわり過ぎている

最後は、Shinobiライティングにこだわり過ぎている、ということについてですが、

Shinobiライティングでは、新しい案件は随時募集されているのですが、残念ながら、クラウドワークスやランサーズほど案件数は豊富ではないです。

また、クラウドワークスやランサーズには下記のように文字単価が高いものも多いので、もし大きな金額をできる限り早く稼ぎたい場合は、クラウドワークスやランサーズで仕事を取り組んだ方が良くなります。

Shinobiライティングのメリットはシステム手数料や銀行振込の手数料がほとんどかからないことなので、細かい仕事に取り組む際はとてもお勧めとなります。

クラウドワークスやランサーズで報酬の低い仕事に取り組むと、手数料だけで報酬がなくなってしまうことも多いので、

使い分けとしては、報酬単価の高い仕事はクラウドワークスやランサーズ、報酬単価の低い仕事はShinobiライティング、という流れで進めていくと良いと思われます。

ただし、報酬が高単価な案件は取り組む競合の方も多くなってくるので、少し取り組み辛い可能性はあります。

そのため、今の自分はどれくらいの単価の案件で受けられるのかは、色々な案件に応募してみて把握をしてみてください。

すぐに報酬単価の高いものは受けられない可能性は高いですが、仕事を繰り返していくと徐々に単価の高いものに取り組めるようになっていくので、地道に進めていきましょう。

まとめ

以上が、Shinobiライティングで稼げない5つの原因と改善方法でした。

Shinobiライティングで自身の想定する金額を稼ぐことは地道に取り組めば達成できる可能性はありますが、ライティングという仕事の特性上、すぐに稼ぎたい、という場合は難しいことが多いです。

Shinobiライティングで仕事に取り組むメリットは手数料がほぼ無料というところにありますが、初心者向けが多く、単価の高いものは公開されることが少ないため、

もしすぐに大きな金額を稼いでいきたい、という場合は、クラウドワークスやランサーズで仕事を探すようにしていきましょう。

クラウドワークスやランサーズは多少手数料はかかってしまいますが、大きな金額が稼げるので、用途に合わせてうまくサイトの使い分けをしてみてください。

ライティングで稼ぎたい場合は、どうしてもスキルが求められるので、思うように稼げないと思いますが、しっかりとスキルを身につければ稼げるようになってくるので、地道に取り組み、スキルアップを進め、ぜひ思うような金額を稼げるようになっていきましょう!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼