岩松勇人のビジネスパートナー【集客】MEO対策で上位表示させるポイント

副業 国内転売

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、MEO対策を取り組み上位に表示させるためのポイントについて解説をしていきます。

MEO対策に取り組んでいるけど、成果が出ていない場合は、是非とも参考にしてみてください。

もしMEO対策のやり方自体がまだわからない方は、こちらを先にご覧ください。

それでは早速とはなりますが、MEO対策で上位表示させるポイントについて解説をさせていただきます。

Googleの仕組み

まず、Googleマップで上位表示されやすくするためには、Googleの仕組みを知ることが大事となります。

Googleの仕組みについては、Googleが下記のように提示をしているので、

”Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。”

Google 検索の仕組み | ユーザーを最優先する

ユーザーにとって有益な情報を提示することによって上位表示がされやすいので、ここを意識して対策をする必要があります。

有益性が高い情報とは

有益性が高い情報とは何かというと、Googleマップの場合は主に下記となります。

  • 距離
  • 関連性
  • 知名度

これらに対して適切に対策をしていくことが上位表示させるためには大事となります。

距離

検索は、ユーザーの位置情報と店舗までの距離がどれだけ近いかどうかで表示のされやすさが変わります。

こちらは店舗側でコントロールができないため対策はできませんが、上位表示されるかへの影響は比較的低めです。

検索地点から大きく離れた地域でも上位表示されることはあるので、あまり気にせず進めていきましょう。

関連性

関連性とは、検索されたキーワードに対してビジネスの関連性がどれだけ高いかの指標となっています。

上位表示をさせるためには、ここを重点的に対策をすることが重要となっており、MEO対策の大部分はこの関連性を高めるための施策となっています。

関連性を高めるにはGoogleマイビジネス内を充実させたり、店舗名のところなどにキーワードを盛り込むことが重要になります。

ますは実際に自分の店に来てくれるお客さんや、自分の店に興味を持ってくれるお客さんがどういったキーワードで検索しているのか、どんなキーワードで検索する可能性があるのか、こちらを調べていき対策を進めるようにしましょう。

知名度

知名度は、ビジネスの情報がどれだけネット上で取り上げられているかによって、上位表示されるかどうかが決まっています。

Googleマイビジネスだけの対策では知名度そのものを向上させることは難しいため、SNSの発信や、WEBを作り込みSEO対策をするなども行うと、知名度が上昇するので、結果的に上位表示される可能性が上がります。

MEO対策で長期的に効果を出したい場合は、これらを意識することでGoogleから高い評価を受けやすくなり、効果を長く得られる可能性があるので、できればこちらも意識して取り組んでみてください。

上位表示させるための対策

それでは、実際に上位表示させるためにやることになりますが、先ほど説明した中の、【関連性】と【知名度】の部分を特に意識して作成を進めていきます。

具体的は下記にて記載しますので、参考にしながら進めてみてください。

Googleマイビジネスに基本情報の入力

まず、関連性を高めるためには、自身の店舗の情報をしっかりと入力することが大事となります。

下記の情報を全て入力するようにしましょう。

  1. ビジネス名
  2. カテゴリ
  3. 店舗・オフィスの有無
  4. 住所入力
  5. ビジネスの所在地(マップ上で適切に指定)
  6. 他地域でのビジネス展開の有無
  7. タッチポイント設定(WEBサイトなど入力)
  8. 最新情報の発信

こちらをまずは全てしっかりと入力していきましょう。

ビジネス名は工夫

特にビジネス名については、工夫をして作成を進めていきましょう。

作成を進める際は、「地域名+店舗名」もしくは「特徴+店舗名」、「業種+店舗名」これらを意識して設定をしていくと良いです。

例えば、渋谷周辺で歯医者を探している人は、下記のようなキーワードを入れて検索を行います。

その中で、ホワイトニングを探している人は、「渋谷 歯医者 ホワイトニング」というキーワードをさらに検索をします。

すると、下記のように、店舗名にホワイトニングが入っているところが表示されやすくなります。

他には道玄坂で探している人は、「渋谷 歯医者 道玄坂」と検索をします。

このキーワードでの検索結果は下記のようになっています。

このように、検索されやすいキーワードを入れることにより、検索されやすい状態を作ることができるようになります。

自身の店舗に来てくださるお客さんがどのようなキーワードで検索をするのか、これを複数テストすることにより、上位表示されやすいキーワードを知ることができるので、

できれば関連性のありそうなところは複数テストを進めてみてください。

NAP情報を統一

次に意識する点としては、NAP情報を統一することです。

NAP情報とは、下記の通りです。

  • Name(会社名、店舗名)
  • Address(住所)
  • Phone(電話番号)

自社サイトの情報と、Googleマップの情報は同じにしておくことで、知名度の部分を効果を得ることができるようになります。

もし情報が異なるものになっていればしっかり統一をしていきましょう。

適したカテゴリを設定

Googleマイビジネスの中でも特に重要な項目が「カテゴリ」になります。
カテゴリは「メインカテゴリ」を1つまで、「サブカテゴリ」を9つまで設定できます。

カテゴリとは、Googleマップ上で表示されている赤枠の部分となります。

歯医者1つとっても、下記のように、細かいカテゴリに分かれており、検索キーワードに応じて適切なものが表示されるようになっています。

カテゴリの設定は検索結果に大きく影響するので、事業に一番適したカテゴリを登録することが大事になります。

メインカテゴリで適するものが複数ある場合は、できればどちらで反応が出やすいか、できる限りテストしてみてください。

反応が出やすいカテゴリ、出にくいカテゴリもありますので、反応で出やすいカテゴリは何か調べてみましょう。

良い口コミを集める

あとは、良い口コミをできる限り集めてみてください。

Googleはビジネスに寄せられた口コミをユーザーにとって有益な情報として重要視しています。

そのため、口コミが多いところ、点数が良いところを可能な限り上位表示させるようにします。

口コミが少ないと上位表示がされにくくなるので、できる限り良い口コミをお客様からいただけるよう、対策を取っていきましょう。

具体的な対策としては、ネットで答えられるアンケートを実施して、サービスの満足度が良いと答えていただいた方のみに口コミ投稿をお願いするように誘導するなどができることとしてあげられます。

フォームの作成はGoogleフォームなどで作成してみてください。

他にも、お客様と話をする機会があればお願いしみても良いです。

口コミ投稿に対して何か割引などの対価を渡すことは景品表示法で規制されていますので、基本的にはお客さんに能動的に記載いただくことが理想的にはなります。

相談できそうな方であれば一度話をしてみてください。

MEO対策業者に依頼

以上の流れで対策を自身で進めることが可能ですが、どうしても素人が進めるだけでは効果を得ることは難しい場合もあります。

もし自身で取り組んでも成果になり辛い場合であれば、MEO対策業者様にお願いすることも1つの方法です。

もし自身で進めて効果が出ないと感じたのであれば、しっかりと対策業社様に依頼して効果を出すようにしましょう。

費用はかかってきますが、その分効果を得られることも多いです。

もしどんな業者がいいかわからない場合は、別途サービスを一覧にまとめて違いをご紹介できればと思いますので、そちらも参考にしてみてください。

まとめ

以上が、MEO対策を取り組み上位に表示させるためのポイントでした。

MEO対策は実際に取り組みすぐに効果を得られることは少ないですが、対策を適切に行うことによって、何かしらの対策効果を得られることは多いと思いますので、ぜひとも参考にしながら進めてみてください。

もし対策効果がうまく得られない場合は、先ほどお話した通り、業者様に依頼することも1つの手なので、効果が得られない期間が続く場合は、そちらも視野に入れながら進めていきましょう。

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼