岩松勇人のビジネスパートナー【副業】JOBHUB(ジョブハブ)の登録方法と注意点

未分類

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、以前ご紹介した、仕事を紹介してもらえるサイトであるJOBHUB(ジョブハブ)の登録方法と注意点について説明をしていきます。

JOBHUB(ジョブハブ)に興味を持ったけど、登録をどう進めようか悩んでいる場合や、登録する際の注意点が知りたい場合は参考にしてみてください。

新規登録

まず登録をする際は、トップページ右上の「新規ユーザー登録」のところから進めていきましょう。

メールアドレスで登録

登録は外部サービスと連携していくことも可能ですが、メールアドレスで登録していくことがおすすめです。

メールアドレスについては、仕事用のメールアドレスで登録をしてください。

理由は、他のメールアドレスと分けてしまうと仕事のオファーが来ても見逃してしまう可能性があるからです。

仕事のオファーは複数名の方に行われているので、反応が早い方に当然お願いされやすくはなってきます。

そのため、できる限り早く反応ができるように、仕事用のアドレスはしっかり分けておいてください。

ユーザー登録

メールアドレスから進めると、ユーザー登録の画面に進みます。

ここから登録を進めていきましょう。

職種カテゴリの選択

送付メールのリンクへ進むと、情報の登録画面になります。

まずは職種カテゴリを選択していきましょう。

職種カテゴリは下記から自身に当てはまるものを選択してください。

もしスキルがあまりない場合は、「その他」にしていただいても大丈夫ですが、できれば何か特定の種類を選択するようにしてください。

ここが選択できれば、下に「希望する職種カテゴリ」というところが出てくるので、もし複数希望する場合は、希望するものを全て選択してください。

ユーザーIDとパスワードの登録

次にユーザーIDとパスワードを登録していきます。

ユーザーIDについては、自分が活動しようと思っている名前で可能な限り設定してみてください。

パスワードは「6文字以上の半角英数、記号」で設定をし、忘れないようにどこかにしっかりメモをしておきましょう。

利用規約を確認

最後に利用規約を確認して登録は完了です。

利用規約は細かい注意点なども記載されていますので、もし気になるところがあればここをしっかりと確認をしてみてください。

基本情報の入力

下記の画面になれば問題なく登録が完了となります。

ただ、このままだと仕事のオファーをいただくことは難しいので、基本情報などしっかり入力していきましょう。

特に実績がないうちは写真の設定やプロフィールをみてできる内容が判断されることが多いです。

そのため、写真の設定とプロフィールの充実は最低限行うようにしましょう。

可能であれば本人確認なども全て終わらせておくことが、依頼主に安心してもらう材料となりますので、そちらも進めていきましょう。

ここまでできればあとは仕事を受けるだけとなります、順次仕事の依頼をうけ、評価や実績をためてみてください。

まとめ

以上が、仕事を紹介してもらえるサイトであるJOBHUB(ジョブハブ)の登録方法と注意点についてでした。

JOBHUB(ジョブハブ)の登録は簡単に行えるのと、クラウドワークスやランサーズを利用しているのであれば、そのプロフィールなどを転用すればスムーズに活用できるので、もし余裕があるのであれば、登録だけは進めてみることをおすすめします。

複数のサイトに登録しておくと、仕事も幅広く受けられる可能性が高まるので色々なサイトを活用し、効率よく稼いでみてください!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼