岩松勇人のビジネスパートナー【副業】JOBHUB(ジョブハブ)で仕事を受注できない7つの原因

副業

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、JOUHUB(ジョブハブ)で仕事を受注できない原因について解説をしていきます。

JOUHUB(ジョブハブ)で仕事を受注していきたいけど、仕事が受注できない場合は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事を受注できない原因

JOUHUB(ジョブハブ)で仕事を受注できない原因は主に下記が挙げられます。

  • 応募数が少ない
  • 実績が少ない
  • プロフィールが充実していない
  • スキルがない(もしくは記載していない)
  • ポートフォリオがない
  • 本人確認をしていない
  • 希望条件設定ができていない

それぞれ解説をしていきます。

応募数が少ない

まず、応募数が少ないということについてですが、

JOBHUBはクラウドワークスやランサーズのように、こちらから数多く応募をした方が仕事を受注しやすくなります。

当然、他に仕事をしている方もいるので、その方々と比べて自分を選んでいただくことが必要になります。

受け身だとどうしても仕事を受注し辛いところは、他のクラウドソーシングサイトと同様なので、実績ができるまではまずは「仕事を探す」部分から検索し、仕事に積極的に応募をするようにしてみてください。

実績が少ない

次に、実績が少ない、ということについてですが、

発注者は実績が多い人に仕事を依頼したいので、当然実績が少ない自分には仕事が回ってこないことが多いです。

そのため、まずは実績作りをして、評価を貯めていくことが大事になります。

安い仕事でもいいので、とにかく細かい仕事を丁寧に実施して、高い評価をいただくようにしてみてください。

1つでも評価をいただくだけで発注者からの評価が大きく異なります。

細かい仕事は、下記のように、なんでもいいので、受けやすそうなものを選んで実施をしてみてください。

実績ができればJOBHUBからのオファーもいただきやすくなるので、まずは実績作りを進めましょう。

プロフィールが充実していない

3つ目は、プロフィールが充実していないということですが、

これも実績の時同様、きちんと仕事をしてもらえなそうな人には仕事を発注したくないというのが発注者の考えとなるので、

「プロフィールがない=仕事をきちんとしない可能性が高い」とどうしても捉えられてしまいます。

そのため、実績がなくても、しっかりとプロフィールは充実させるようにしましょう。

プロフィールには、仕事を進める上で、信用できる情報や、会社員やこれまでの生活を進めていく上で身につけたスキル面を記載するようにしてみてください。

プロフィールが履歴書の自己PR代わりとなります。

もし実績がない場合でもしっかり記載をしましょう。

スキルがない(もしくは記載していない)

次は、スキルがない(もしくはあっても記載していない)ということですが、

スキルがあるのであれば必ず記載をした方がいいです。記載しておかないと、仕事を依頼する際の判断材料がないので、オファーもいただきにくくなります。

JOBHUBが行う仕事のオファーはおそらく自動的に抽出を行った人に行っていると思われるので、スキルを登録していないと、この条件に引っかからない可能性があります。

そのため、しっかりスキルを充実させていきましょう。

スキルの設定はプロフィール設定の下記から行えます。

ここから自信が持っているスキル面を記載するようにしてみてください。

もしスキルがない場合でも、これまで仕事をしてきた中で記載できるものもあるかもしれないので、なにかないか探してみるようにしましょう。

それでもスキルが足りないと思うのであれば、まずは誰でも受けられる仕事を受けて、実績を作るか、スキルアップのために勉強をすることをお勧めします。

ポートフォリオがない

5つ目はポートフォリオがない、という部分ですが、

これはライティングやデザイン面のスキルがある場合に特に重要視される部分となります。

ライティングやデザイン面は、とにかくスキルが重要視されるので、ポートフォリオがない場合は、そもそも応募をいただくことはできません。

そのため、もし実際に作業した経験がある場合や、自分の実績が示せるものがある場合は、しっかりポートフォリオを充実させておきましょう。

もし実績がない場合でも、何か仮に「自分が仕事をするとしたらこうする」というものを事例として作成することで、スキルを伝えることはできます。

ここがあるとないとでオファーの受けやすさも変わるので、ここもしっかりと充実をさせてみてください。

ポートフォリオはスキルの選択の際に横に出てくるので、そこから登録を進めてみてください。

本人確認をしていない

6つ目は本人確認をしていないことですが、

これも、行っていないと安心して仕事を任せにくくなるため、受注がし辛くなります。

発注者やサイト運営者(JOBHUB)に安心していただくためには、ここをしっかりと済ませておくことが大事になるので、ここもきちんと進めておきましょう。

本人確認は下記から行えます。

こちらから必要書類を提出して本人確認を済ませていきましょう。

希望条件設定ができていない

最後に、希望条件設定ができていないということについてですが、

ここも先ほど簡単に説明した通り、ここができていないと、仕事をオファーする側に見つけてもらいにくくなってしまいます。

そのため、ここもしっかりと登録を進めておきましょう。

希望条件設定はこちらから行えます。

下記のように希望する仕事のカテゴリを細かく設定できるので、もし受けたい仕事があるのであれば細かく設定をしてみてください。

まとめ

今回は、JOUHUB(ジョブハブ)で仕事を受注できない7つの原因について解説をさせていただきました。

JOUHUB(ジョブハブ)は仕事をオファーしていただけるというところが大きな特徴としてありますが、当然、実績がなければオファーをいただくことは難しくなります。

ただ、実績がなくてもオファーを頂きやすい状態を作ることはできるので、今回の内容を参考にしっかり設定を進め、仕事をオファーいただける体制を作っていきましょう。

実績ができれば仕事もスムーズに進められる可能性も高いので、まずはここから進めてみてください。

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼