岩松勇人のビジネスパートナー 【副業初心者向け】SKIMAで在宅ワークに取り組む際に注意すべき7つのポイント

副業

今回は、SKIMAで在宅ワークに取り組む際に注意すべき7つのポイントについて解説をしていきます。

SKIMAで稼いでいきたいけど、どんなことに注意をしたらいいかわからない、ともしなっている場合は、今回の内容を見ていただくことにより、どんなことに注意をしていけばいいかを理解していただくことができます。

SKIMAで稼いでいきたい場合は、是非とも参考にしながら進めてみてください!

それではSKIMAで取り組む際に注意すべきポイントについてそれぞれ説明をしていきます。

プロフィールを充実させる

まず1つ目は、プロフィールを充実させるということです。

なぜプロフィールを充実させるのか?

SKIMAでは、実績がない段階では、依頼主は、プロフィールを見て、その人がどんな仕事ができるのかを判断していきます。

ここがないと、お客さんは、その人がどんな人なのかがわからないので、安心して仕事をお願いすることができなくなってしまいます。

経験やスキルを記載する

そのため、自分がどんなことができるのか、どのような経験があり、どのようなことが得意なのか、これをしっかり記載していくようにしましょう。

他の人にできないことを出来るだけ記載

他の人にできないことができればできるほど、依頼を受けられる可能性も高くなるので、ぜひ意識をしながら記載してみてください。

商品を複数出品する

2つ目の注意点は、商品を複数出品するということです。

なぜ複数出品をするのか?

SKIMAでは、実績がない段階では、依頼主は、プロフィールの他に、出品されている商品を見てどんな仕事ができるのかを判断していきます。

お客さんに選んでもらうために

そのため、出品されている商品が少ないと、お客さんに自分を選んでもらえる可能性が低くなってしまいます。

自分のことを知ってもらうために

1つだけ商品を出品するのでなく、複数の商品を出品することで自分のことを知ってもらいやすくなるので、ここはしっかり意識をして進めていくようにしましょう。

取引には手数料がかかる

3つ目は、取引には手数料がかかるということです。

どこに手数料がかかる?

出品した商品の価格が全て自分の利益になるのではなく、販売価格に、一定の手数料がかかってきます。

手数料の内訳は?

手数料の内訳は以下の通りです。

  • 500円~20,000円の取引 22%
  • 20,001円~50,000円の取引 17%
  • 50,001円~の取引 11%

以上のようになっています。

価格設定も意識する

これを認識せず進めていくと、報酬が思ったより少ないと感じてしまう可能性もあるので、

手数料がかかることはしっかり認識しながら価格設定なども行っていくようにしましょう。

銀行振り込みに手数料がかかる

4つ目は、銀行振り込みの際に手数料がかかる、ということです。

どれくらいかかる?

手数料は、毎回振り込みの際に税込みで262円かかるので、振り込みを細かく行ってしまうと受け取れる金額が少なくなってしまう可能性があります。

振り込みの際の注意点

この手数料は必ずかかってくるものなので、できれば金額がある程度溜まってから申請をすることを意識して進めていくようにしましょう。

仕様のすり合わせをしっかり仕事を行う

5つ目は、仕様のすり合わせをしっかり仕事を行っていくということです。

なぜすり合わせが必要か?

SKIMAで仕事をお願いする依頼主はイラストを作成をしたい要望があったとしても、知識やスキルはあまりないことが多いので、希望を言葉で伝えることが難しいことが多いです。

ヒアリングをしっかり行う

そのため、自分がヒアリングしながら、どんなものを作って欲しいかを確認していくことが大事となります。

相手の求めているものを作る

イラストを販売していく際は、自分の作りたいものを作るだけでなく、依頼主が求めているものを作成していくことが大事となりますので、ここはしっかり行っていくようにしましょう。

初めは大変と思うことがあるかもしれませんが、取り組んでいくと慣れていくようになりますので、慣れるまでは細かくやりとりしてみてください。

依頼を承認後、依頼時の指示が閲覧できなくなる

6つ目は、依頼を承認後、依頼時の指示が閲覧できなくなる、という点です。

コメントが見れない

商品を購入してもらった際に、どのようなものを作って欲しいかの依頼を、依頼主は記載していることが多いのですが、取引が成立したら、取引画面が開設され、商品を購入した際のコメントは見れなくなってしまいます。

要望をしっかり確認しておく

これはSKIMAの仕様なので仕方がないことなのですが、自分がしっかりと相手の要望を理解するために、商品を購入してもらった際のコメントはキャプチャやスクリーンショットを撮り、保存しておくようにしましょう。

ストレスを減らすために

依頼主のストレスを減らすためにも大事な内容となりますので、しっかりと意識してみてください。

収入が増えたら確定申告が必要となる

7つ目の注意点は、会社員以外で、年間の収入が20万円を超えたら、確定申告を行う必要があるという点です。

納税の義務がある

会社員の副業として取り組んでいる場合でも、納税の義務が発生してきますので、これは必ず行うようにしましょう、

確定申告がわからない

確定申告がもしどんなものかわからない場合は、別途解説をしていますので、そちらを参考していただき、確定申告のことについて理解を深めていただければと思います。

まとめ

以上が、SKIMAに取り組む際に、注意すべき7つのポイントとなります。

SKIMAで仕事を行っていく際は、これらの注意点を意識しながら仕事に取り組むようにしましょう。

SKIMAは誰でも取り組めるところがいい点ですが、誰でも取り組めるからといって適当に仕事をしてしまうと、報酬も得ていくことはできません。

きちんと仕事感覚で取り組みながら、進めてみてください!