岩松勇人のビジネスパートナー 【副業初心者向け】ハードオフとは?せどり初心者でも仕入れは可能?わかりやすく解説します!

副業 国内転売

今回はハードオフとはどんなところなのか?せどり初心者でも仕入れは可能なのかということについて解説をさせていただきます。

せどりに取り組んでみようと思ってるけど初心者がハードオフで仕入れが出来るのかどうかわからないって、もしなくている場合はぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

ハードオフとは?

ハードオフとは?

ハードオフというのは新潟に本社を置くリサイクルショップのチェーン店です。

店舗数は?

モードオフやオフハウスなどといった系列店を含めると、全国で902店舗にもなります。

事業内容は?

ハードオフでは主にパソコンやPCの周辺機器の買取販売が重点的に行われています。

ブックオフと似てるんですけども、ブックオフとは違う会社が運営しているので、ごっちゃにしないようにしていきましょう。

具体的な特徴とは?

それではハードオフの具体的な特徴についてですが、これはいくつかあります。

系列店が多い

まず1つ目は系列店が多いという点です。系列店に関しては、アパレルの買取が中心のモードオフであったり、オモチャが中心のホビーオフであったり、カーパーツが中心のガレージオフなどといった形で、ハードオフを入れて合計7つの系列店があります。

そのため、どこかしたの系列店は恐らく見たことがあると思います。

店舗が小さい

2つ目の特徴が店舗が小さいという点です。店舗が大体コンビニぐらいの広さになるので、商品が見つけやすくなっています。

商品を探すので迷子にならなかったりするので、せどり初心者にはオススメです。

値段の付け方が店舗毎に違う

3つ目が値段の付け方が店舗ごとに違うという点です。

一部の商品は細かく値段設定がされているのですが、基本的には買取商品については店舗ごとに値段が設定されていることが多いです。

そのため、状態が良くても、店舗ごとによってかなり安く売られてる掘り出し物みたいなものがあったりするので、できれば近くに複数店舗があるのであれば全ての店舗を周れるのがいいです。

中古品、ジャンク品が多い

4つ目は中古品ジャンク品が多いという点です。

ハードオフは買取を積極的に行っているんですけども。中古がどうしてもメインになってしまうので、基本的には新品商品が少なくなっています。

ただし新品商品がないわけではないので、初心者がせどりを行っていく際は、新品商品の買取を多くなる時期を狙って行くのがオススメです。

以上がハードオフの具体的な特徴です。

せどり初心者でも仕入先として活用できる?

それではそんなハードオフがせどり初心者でも仕入先として活用ができるのかどうかということについてですが、これは結論から言うと可能です。

店舗数が多い

いくつか理由はあますが、まず1つ目は店舗数が多いからです。

ハードオフは系列店を含めると約900店舗ほどあるので、身近に取り組みやすい場所となります。

自分の家の近くにもしあるのであれば、ふらっと立ち寄ることができるので、かなりオススメとなっていきます。

狙うべき時期が明確

2つ目は狙うべき時期が明確だからです。

基本的にはせどり初心者が狙っていくのであれば、新品商品が集まりやすい時期なので、そこを狙っていけばせどり初心者でも十分仕入れを行っていくことができます。

見るべきポイントがシンプル

3つ目は見るべきポイントがシンプルだからです。店もそこまで広くないので、安くなっている商品やセール品などはすぐ見つけることができます。

そのため、せどり初心者でも活用がしていきやすくなっています。

以上の理由があるので、せどり初心者でもハードオフは仕入先として活用ができていきます。

どうやって仕入れをすればいい?

それではどうやって仕入れをすればいいのかということについてですが、それについては別途解説をさせて頂いてますので、そちらで細かく見ていただければと思います。

そちらを見て頂きながら、是非実践をしてみてください。

まとめ

以上がハードオフとはどんなところなのか、せどり初心者でも仕入れ先として活用ができるのかという内容の説明でした。

ハードオフは系列店を含めると約900店舗もあるので、身近にあるのであれば気軽に仕入れしやすい仕入先となっています。

行くべき時期や見るべきポイントもシンプルなので、せどり初心者でも利益が取れる商品をどんどん見つけていくことはできます。

ハードオフが近くにあるから、もし一度仕入れに行ってみたいという場合に関しては、是非とも足を運んでみていただければと思います。

せどりにまだ取り組んだことがない場合は、こういった身近なところから取り組んでみて徐々に経験値を積んでいきましょう!