岩松勇人のビジネスパートナー 【副業初心者向け】BASEネットショップでの価格設定のやり方について

国内転売

今回はBASEのネットショップでの価格設定のやり方について解説をさせていただきます。

ネットショップで商品登録をする際に、価格を決めたいけどどう決めたらいいかわからない場合は、今回の内容を参考に設定してみてください!

価格設定に入る前に

それではまず価格設定に入る前にですが、基本的にはビジネスはお客さんに価値を提供した利益を得ていくことが目的なので、赤字にならないようにするというのを頭の中に入れておいてください。

適当に値段をつけるのではなくて、しっかりどういう値段をつけていったら利益が得ていけるのか。これを考えた上で値段設定をしていく必要があります。

まずは事前いこれを頭の中に入れた上で進めていきましょう。

価格設定をするために知るべき3つのこと

それではどの様に価格をつけていけばいいかですが、まず知るべきことが3つあります。

  1. 原価がいくらかかったのか、もしくはどれぐらいかかるのか?
  2. 販売価格をいくらで設定すれば利益が取れるのか?
  3. 販売した際に手数料がかかるのかどうか?

価格設定をする際は、これら3つを意識して進めていく必要があります。それぞれ解説をしていきます。

原価はいくらかかったのか?

まず1つ目の原価はいくらかかったのか、もしくはどれくらいかかるのかということについてなんですけども。

まず原価というのは商品の購入代金だけではないというのを頭に入れておいてください。送料や梱包費なども含めて原価に入れていきます。

商品は基本的に購入をして、お客さんに発送することが必要になってきます、その際に梱包も必要になってくるので、この梱包費というのも頭の中に入れて計算しておいてください。

自分自身が商品の購入にかかる代金、もしくは購入にかかった代金、プラス自分自身が梱包する費用、もしくは購入した際に送料は掛かっていたのであれば、その送料も加味してこの原価を計算してください。

②販売価格はいくらで設定すれば利益が取れるのか?

それでは2つ目の販売価格はいくらで設定すれば利益が取れるのかということについてですが、利益というのは【販売価格ー原価】で計算できます。

この利益というのは正確には粗利益というもので、これは自分自身が商品を販売してその原価を引いたところで計算されたものになります。

ここには自分自身の事務所の費用であったり、電気代であったり、インターネットの費用であったり、その辺りの経費に関してはここに含まれていないです。

正確な純利益というのは、自分自身が商品を販売した上で得た【粗利益ーこの雑費や経費】をした上で残ったものが純利益になっていくと思っていただければ問題ないです。

この細いこの経費についてはなかなか計算しづらいところがあると思うので、まずは販売の粗利益を確保していく。これを意識してください。

販売した際に手数料がかかるのか?

3つ目が販売した際に手数料がかかるのかどうかということについてですが、BASEの場合かんたん決済というものを導入すると、3%+40円の手数料が基本的にはかかってきます。

これは販売価格に対してかかるものです。原価から利益率を10%取って計算して販売過去設定していたとしても、3%が引かれると、実質7%の利益となっていきます。

そのため、この手数料を加味した上で、価格設定をする必要があります。

以上3つのことを頭の中に入れた上で価格設定をしっかりしていきましょう。

価格設定のやり方

それでは価格設定のやり方に入っていきます。

価格設定はどうやってしていけばいいのかということについてですが、主に3つの方法を紹介させていただきます。

  1. 自分が確保したい利益額や利益率から決める方法
  2. 競合を見て決める方法
  3. 戦略的に決める方法

この3つの方法の中から自分自身がまずどこから設定していくのか、これを決めてみてください。

それではそれぞれについて説明をします。

確保したい利益額や利益率から決める

まず1つ目の自分が確保したい利益額や利益率から決める方法ですが、これは利益率と利益額のやり方で変わってきます。

利益率を重視するやり方

まず利益率を重視する場合ですが、10%の利益を確保したい場合について説明します。

この場合は販売価格は原価÷0.85ぐらい。これで計算すると大体10%は最低限でも利益が確保できます。

何故かかった原価×1.1であったり、×1.15でなくて、÷0.85にするのかについてですが、これは実際計算してみると分かります。

例えば原価1万円の商品を販売していく際に、10000×1.15をすると、11,500円となります。

これで1,500円の利益が出ることになるんですけども。実質利益率の計算をしてみると、原価からは15%取れていたとしても、販売価格から計算すると、13%程度の利益率になります。

一般的には15%の利益が取りたい場合、1.15としてしまいがちになるかもしれないですが、それは原価からの計算方法になってしまうので、販売価格から利益を取りたい場合は、別の計算方法を使っていくことが必要になってきます。

例えばこれを÷0.85でやってみると、10000÷0.85=11,764円になります。

これで1,764円の利益が出るのですが、原価からは17.64%の利益。販売価格から15%程度の利益の計算になっていきます。

以上のような形で、原価から×1.15の計算にすると、15%取れてるつもりになっていたとしても、13%しか取れていなかったというような形で、気づいたら利益率が思ったより低いという事態になってしまいます。

そのため、しっかり販売価格から利益を計算する割る0.〇〇という形の計算方法を使ってください。

手数料がかかる

後はしっかり頭の中に入れておかなければいけないのが、手数料かかってくるという点です。

手数料は3%+40円の手数料が基本的には掛かってくるので、この手数料を加味した上で計算をする必要があります。

なので10%の利益率で計算するのではなくて、15%の利益率で計算すると、大体十数%の利益が結果的に最終は残る、この形になっていきます。

なので最低でも0.87くらい、できれば0.85くらいで計算してみると、大体10%の利益が取れると思っていただければ問題ないです。

このような形で利益率を確保していく場合は、計算してみてください。

利益額で計算する場合

それでは利益額で計算する場合についてですが、これは販売価格に自分が欲しい金額、利益が取りたい金額、これを上乗せして設定してみてください。

ただここでも気にしなければいけないのが、3%+40円の手数料がかかってくるという点です。

+40円というのは、そこまで大きな金額ではないので、3%くらいの手数料がかかってくると、まずは頭を中に入れて計算してみましょう。

例えば1万円の商品を売って1000円の利益が欲しい場合は、11,000円とするのではなくて、11,000円に3%の手数料がかかってくることを加味した上での計算、11,000円÷0.97としてください。

(原価+利益額)÷0.97の計算をすると、販売価格は11,340円となっていきます。

例えばこの11,340円の商品が売れて、3%の手数料がかかってくると、どれくらい手数料が引かれるかと言うと、340円の手数料が引かれるような形になります。

この手数料が引かれて残った金額が、粗利で1000円となってくるので、自分自身が取りたい利益の金額がこの計算方法で稼げるような形になると思っていただければ大丈夫です。

そのため、自分自身が利益額で計算していく場合は、(原価+利益)÷0.97これを設定しておいてください。

もし+40円のところまで気になるという場合は、大体5%の手数料がかかると仮に設定をしておいて、(原価+利益)÷0.95という形で計算しても大丈夫です。

この価格設定については、厳密な定義はないので、自分自身がまずざっくりとこれぐらいとっておきたい、その金額で設定しておけば大体は問題ないです。

以上が自分が確保したい利益額や利益率から価格を決めていく方法です。

競合を見て決める方法

それでは2つ目の競合を見て決める方法について説明します。

この競合見て決める方法についてですが、その名の通り競合がどれくらいの値段で商品を販売しているのか、これによって値段を設定していきます。

ただし注意点としては自分が売りたい金額にできるか分からないという点はあります。

競合のお店はお客さんを呼び込むために安くしている可能性もあります。それが赤字の可能性もありますし、利益を取ってない可能性も当然あったりはします。

そのため、自分自身が競合を見て決めていく場合は、自分自身がしっかりと戦略を行う前提でやっていてください。

これがもし難しい場合は、自分がつけたい金額をまずつけて商品を出して、お客さんの反応を見ながら価格を調整していく流れでいいかと思います。

競合を見て価格調整をしていく、価格設定をしていく、これは難しいので初心者はまず先ほどの利益額や利益率の計算方法から取り組んでみるのがいいと思います。

もし競合を見て値段を決めていく場合は、しっかり競合を探してその値段を見て自分自身の値段設定をしていきましょう。

この競合の探し方については別途解説をしていますので、そちらを確認していただいて競合を探してみていただければと思います。

戦略的に決める

それでは3つ目の戦略的に決める方法について説明をさせていただくのですが、

この戦略的に決めるというのは、一括で利益率や利益額を決めていくのではなくて、例えば集客用商品は利益を取らないようにして、収益用商品以外で利益を確保するようにする、といったような付け方をしていく流れを言います。

お客さんは基本的には、出来立ての評価のない店舗には興味を持ってくれないので、目玉商品を安く提供することによって、お客さんに興味を持ってもらって、まず店に来てもらう流れを作ることができます。

この戦略というのは、リアル店舗でもネットを店舗でもどこでも行われているので、似た様なことはどこかで見たことはあると思います。それを自分自身でも行っていくと思ってみてください。

当然利益はしっかり確保した方がいいのですが、初めは利益は取れなくても、ファンになるお客さんを増やすというとこに注力した方がよかったりもします。

これが戦略的な価格の決め方となっていきます。

そのため、基本的な価格のつけ方としては、利益率や利益額から計算していくが、目玉商品を作る場合、その目玉商品に関しては、利益はゼロ円であったり少しだけとかで値段を付けていくのが、戦略的な決め方となります。

この戦略とは長く運営を行う上では大事になってくるので、少しずつ勉強していきましょう。

以上が戦略的に価格を決める方法です。

まとめ

以上3つの方法がBASE低価格設定をする際に活用できる方法となります。

なので自分自身がBASEで書く設定をしていきたい際は、この3つの方法を参考にしてみてください。

ネットショップを作りたての時は、価格をどう決めたらいいかわからないことも多いと思うのですが、これら3つのことを意識することで、自分自身が適切な価格を設定していくことができます。

ただ価格については一度決めたら終わりではないので、お客さんがどんな価格帯で欲しいのか、これも徐々に理解できるようになる必要はあります。

お客さんが求めてる価格に合わせつつ、自分が販売したい価格で商品を販売していけるように知識もつけていく必要があるので、これは日々勉強していきましょう。

長く運営を行う中で、戦略的な動きは当然必要になってくるのですが、まずは今回の内容参考にしっかり利益確保できる価格設定をできるようになっていきましょう!