岩松勇人のビジネスパートナー【電脳せどりで稼ぐ】メルカリ、ラクマで商品を売れやすくする5つの方法

副業 国内転売

こんにちは、ビジネスゼロイチ実践チャンネルです。

今回は、メルカリ、ラクマで電脳せどりを取り組まれる方に向けて、商品を売れやすくする方法をお伝えしていきます。

メルカリ、ラクマで商品を売っていきたいと思っている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、今回の方法を試したからといって、必ず売れる訳ではありません。

商品自体がお客さんが求めていないものの場合は、商品は売れないので、今回の方法は最大限売れやすくするための方法だと認識していただきながら、参考にしてみてください。

商品名を工夫する

早速とはなりますが、商品を売れやすくする方法の1つ目は、商品名を工夫することです。

商品名については、あまり考えずに入れてしまうことが多いですが、商品を見てもらう際に一番重要と言っても過言ではありません。

商品名の他に、有名なメーカー名がある場合は、メーカー名も必ず入れた方がよく、型番で区別がされる商品は、型番を入れた方がよくなります。

この理由は、自分が出す商品を欲しいと思っている人がもしいる場合は“必ず”その商品名や、メーカー名を入れて検索をするからです。

メルカリやラクマでは、検索されたキーワードに近しいものが表示されるようになっているので、“その商品を探している人(欲しがっている人)がどのようなキーワードで検索するのか?”ということを考えて商品名を入れることが大事になります。

もし有名メーカーの商品でないものを出品する場合は、商品の特徴をしっかり入力するようにしましょう。

例えば、下記の商品の場合、

「花柄ワンピース」だけだと、他の花柄ワンピースと区別がつかないので、服の特徴である、「子供服、半袖、ベージュ、水色」などの特徴を入れた方がいいです。

このようにすることで、大人用のワンピースの検索と分けることができますし、色で探している方や、半袖で探している方にも見てもらえるようになります。

このように、キーワードを増やすことによって、検索される幅を広げることができるので、お客さんがどのような特徴で検索をするのか、考えながらキーワードを入れるようにしてみてください。

キーワードは、メルカリ、ラクマ、どちらも40文字まで入れることができるので、できる限り限度まで入れていくようにしましょう。

商品画像を工夫する

次に、2つ目の方法ですが、商品画像を工夫することです。

その中でも1枚目は特に重要となります。

商品名を工夫して検索に引っかかったとしても、商品画像で興味を惹くものを設定できていないと、クリックしてもらうことはできません。

できる限りその商品の特徴を表すものを1枚目の画像に設定していくようにしましょう。

2枚目以降も当然設定はしていくことは大事です。

メルカリは4枚、ラクマは10枚まで登録が可能なので、可能な限り限度まで画像を設定するようにしていきましょう。

商品説明を工夫する

次に売れやすくする方法ですが、それは、商品説明を工夫することです。

商品説明は入力されていないと、せっかくお客さんが商品を気にしてくれていたとしても、買ってもらえない可能性が出てきてしまいます。

そのため、商品説明には、お客さんが気にする情報を入力するようにしていきましょう。

入力する項目ですが、

  • 商品情報
  • サイズ
  • 状態
  • 型番

これらは最低限入力をするようにしていきましょう。

この他に、商品の紹介などを入れてもいいですが、お客さんが気になる情報を入れておけば、あとは、お客さんから質問がきたりするので、まずは最低限の情報をしっかり入れてみてください。

価格を工夫する

次に売れやすくする方法ですが、それは価格を工夫することです。

価格については、ひとまず初めは、自分が売りたい金額で売ることを意識してつけても大丈夫ですが、売れていない際には調整をするようにしていきましょう。

大事なことは、閲覧数やいいねが複数がついた際に買ってもらえたかどうかなので、もし買ってもらえていない場合は、価格が高いから買ってもらえていない可能性が出てきます。

そのため、もし閲覧数が伸びているのに買ってもらえていない場合は、価格を工夫するようにしていきましょう。

価格の工夫については、再度出品をし直したり、価格の修正を行うことで対応ができます。

どの金額で売れるかは分からないので、100円や300円、500円など、売れるまで徐々に下げてみるという方法にて対応をしてみてください。

コメント対応をしっかり行う

最後に大事なポイントですが、コメント対応をしっかり行うことです。

メルカリやラクマでは、商品が気になっている方が積極的にコメントをしてくれます。

コメントが来た際に対応をすることが遅れると、他の商品を買ってしまっていて、自分の商品を買ってくれないこともあるので、できる限り早めに対応をするようにしましょう。

値下げのコメントなどもありますが、できる限り対応してあげるのが、メルカリやラクマで売っていくコツです。

当然下げたくない金額もあると思いますので、もし金額の条件が出てきたら、「すぐ購入していただける場合は対応可能」お伝えするか、「〇〇円であれば対応可能です」と値下げ限度の金額をしてすることで対応をしてみてください。

値下げについては、「安くなったらラッキーと」いう感覚でコメントをされる方もいるので、できる限り高く売れるようにこちらも工夫をしていきましょう。

値下げがくる前提で対応をしていくと、イライラしてしまうこともなくなると思いますので、メルカリやラクマはそのようなところだと思っていてください。

まとめ

以上5つが、メルカリ、ラクマで商品を売れやすくする方法です。

それぞれ、取り組むことはそこまで難しいことではないのですが、知っているか知っていないかで大きく結果が変わるポイントですので、

メルカリ、ラクマで商品を販売していく際は、必ずこれらを意識して進めていくようにしてみてください。

メルカリ、ラクマは出品者も多いですが、ビジネス未経験者も多いので、これらを意識して取り組めている人はほとんどいません。

しっかり意識していくことで、他の方々と大きく差をつけられるので、ぜひ今回の内容を活用して売れる可能性を最大限高めていきましょう!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼