岩松勇人のビジネスパートナー【電脳せどりで稼ぐ】意識するだけでアクセスが向上する BASEでのショップ名の付け方

副業 国内転売

今回は、電脳せどりをBASEで取り組まれる方向けに、BASEのショップ名の付け方を解説していきます。

BASEで売上を上げていきたい、アクセスを伸ばしていきたい、と思われている場合は、こちらを参考にしていただくと、よりお店を見つけてもらいやすくすることができるので、アクセスが向上し、結果的に売上につなげやすくなっていきます。

ショップ名をなんとなく設定してしまっている場合は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

もしまだショップを作成できていない場合は、こちらを参考にしてショップを作成してみてください。

それではショップ名の作り方について解説をしていきます。

ショップ名を工夫する理由

まず、ショップ名の作り方のお話をする前に、ショップ名を工夫する理由についてお話をしていきます。

これらを意識することによって、よりショップ名が重要なことが理解できると思いますので、まずはこちらをご確認ください。

何のお店か知ってもらうため

ショップ名を工夫する理由の1つは、お客さんに何のお店か知ってもらいやすくするためです。

例えば、レディースアパレル商品を扱うお店を作る際、「Palm garden」という店舗名をつけるとします。

自分がいいなと思ったネーミングでお店の名前をつけるのはとてもいいことなのですが、これだけだと、お客さんが見てもなんのお店なのか分からないことが多いです。

お店の商品の雰囲気でも大体どんなお店か知ってもらうことはできるのですが、商品数が多くなったりすると、初めて来店されたお客さんに隅々まで見てもらうことが難しくなります。

自分からこんなお店ですと伝えることによって、より自分のお店に興味をもってもらうことができるので、もうちょっと商品を見てみようかな、と思ってもらえ、たくさん商品を見てもらうことができるようになります。

BASEの検索に表示されやすくなる

ショップ名を工夫する2つ目の理由は、ショップ名を工夫することでBASEの検索に表示されやすくなるからです。

BASEでは基本的にショッピングアプリの検索窓から検索が行われ、商品や店舗が表示されるようになります。

お客さんはここで検索をする際、自分が気になる商品の”キーワード”で検索を行います。

例えば、ワンピースが欲しいのであれば、「ワンピース」と検索を行います。

実際検索すると、下記のように検索結果が表示されます。

これを見ていただくとわかると思いますが、検索結果のところに表示されている店舗には全て「ワンピース」という単語が入っていると思います。

つまり、店舗名だけでショップ名を設定してしまっていると、ここの検索に引っ掛からなくなってしまうので、検索されにくい状態になってしまいます。

逆に、お客さんに検索されやすいキーワードを入れることによって、よりお店を見つけてもらいやすくすることができます。

このような少しの工夫で大きな効果を出すことができるのが、ショップ名の設定なので、しっかり工夫することが大事になります。

Googleからも検索されやすくなるため

3つ目の理由は、Googleの検索にも反映されやすくなるためです。

先ほどの検索されやすくなるというところに通じるのですが、BASEで作ったショップは、Googleでも表示がされるようになります。

そして、ここでもショップ名を「Palm garden」のように、ネーミングだけにしてしまっていると、新規の方が検索で入ってくれることがほとんどなくなってしまいます。

当然、Googleというのは大きな検索エンジンなので、すぐに流入が入るわけではないですが、しっかりと設定をしていると、徐々に人は入ってきてくれるようになったり、検索上位に表示されやすくなったりしていきます。

実際に下記のようにGoogleもBASEと同じようにお客さんが検索したキーワードが入っている店舗が表示されるようになっているので、ショップ名の設定はしっかり意識をしていくようにしましょう。

以上がショップ名の付け方にこだわる理由となります。

これらを意識した上でショップ名をつけるようにしていきましょう。

BASEのショップ名の付け方

それではBASEのショップ名の付け方を順番に説明していきます。

ショップ名を考える

ショップ名をつける際ですが、まずはショップ名を考えるようにしていきましょう。

ショップ名については、先ほどのキーワードと関係なく、自分が店につけたい名前を設定してみてください。

例えば、ガーデニング系の店舗を作りたいのあれば、「Palm garden」のような感じでショップ名を作ります。

お客さんが敬遠しそうな名前でない限り、基本的にどんな名前でもいいので考えてみてください。

もしショップ名を作ることで迷ったりしている場合は、別でショップ名の作り方について解説をしていますので、こちらを参考にしてみてください。

検索されやすいキーワードを探す

店舗名が決まれば、自分のお店に来てくれる人がどんなキーワードでお店に来てくれそうかを考えていきます。

例えば、家庭菜園系の商品を扱う場合、「家庭菜園」「ガーデニング」「」「プレゼント」「ギフト」「癒し」「家庭菜園 初心者」「通販」などといった感じで、書き出していきます。

自分が扱っている商品をどんな人が検索してくれるかを考えていくと、たくさんキーワードが出せると思いますので、まずはこのように書き出していくようにしてみてください。

もし見つからない場合は、Googleでよく検索されているキーワードをまとめているサイトがありますので、こちらも参考にしながら探してみてください。

キーワード検索まとめサイトはこちら

キーワードを選定する

次に、上記で抽出したキーワードの中で、自分のショップに関連性の高いキーワードで、よりお客さんに検索してもらえそうなものを選定していくようにします。

選定する理由は、全てのキーワードを入れると、結果的に見辛くなったり、検索され辛くなってしまう可能性があるからです。

ショップ名を長くしすぎると、結局何の店なのか分からなくなったり、入れたものが見えなくなってしまって関連性のない店舗だと思われてしまうことがあります。

実際、先ほどの検索結果の中で、一番下に表示されている店舗は、途中で文字が切れてしまっているので、なんの店舗が分かり辛くなってしまっています。

このようになると、比較された時に、他のわかりやすい店舗の方が見栄えがよくなってしまうので、見栄えがいい店舗にお客さんが行ってしまい、結局自分の店舗に来てくれないということになりかねません。

そのため重要なキーワードを2つ、もしくは3つのみ選定していくようにしましょう。

ショップ名と組み合わせる

選定できれば、ショップ名と組み合わせていくようにしましょう。

例えば、初心者向けの家庭菜園のお店を出している場合は、「初心者におすすめ 家庭菜園はPalmgarden」のような感じで作成していきます。

これを入れることで、家庭菜園 初心者 という客層の方々をお店に呼び込むことができます。

本格的な商品を扱っている場合は、違うキーワードの方がいいですが、初心者向けの場合は、このような感じが一番伝わりやすいかと思います。

作成時のポイントとしては、誰か知りたいに「どんなお店?」と聞かれた時に短くまとめるとどのように説明するかを考えてみながら作成をすることです。

ただ、「家庭菜園の店」だと、結局他のお店との違いが全くないので、記憶に残してもらいにくくなります。

「家庭菜園初心者向けのお店」と説明すると、なるほど、と思ってもらうことができるので、記憶に残してもらいやすくなります。

このような感じで、一言でお店を説明することを意識すると適切なキーワードも選定しやすくなるので、こちらも意識してみてください。

また、作成時は、大体「全角で22〜24文字くらい」を意識して作成してみてください。

これくらいの文字量がBASEで表示される限度の文字数です。

この文字数でおさめて作成をしてみてください。

BASEに設定

作成ができれば、あとはBASEで設定をしていきましょう。

設定しなければ反映がされないので、効果を出すこともできません。

適切な場所に設定をしていきましょう。

設定はBASEの「ショップ設定」から行うことができます。

「ショップ設定」を押すと、「ショップ情報」というところが表示されますので、こちらの「ショップ名」のところに先ほど考えたものを入れていきます。

こちらのように入れることができれば、最後に下部の「保存する」を押しましょう。

こちらを押さないと設定が反映されないので、しっかりとここまで作業を進めてみてください。

ここまでできれば設定が完了です。順次BASEに反映がされるようになりますので、反映されるのを待ちましょう。

まとめ

以上が、電脳せどりをBASEで取り組まれる方向けの、BASEのショップ名の付け方でした。

BASEではショップ名を作ることには意識がいきますが、設定のところまではあまり意識がいかないことが多いかと思います。

ただし、設定するだけで実際に検索に表示されやすくなり、検索されやすくなったりするので、結果的に売上に影響が大きく出る重要な部分となってきます。

作業は簡単で、今回の内容を元に進めていただくとすぐに設定ができると思いますので、ぜひ参考にしながら進めてみてください。

ちなみに、一度設定しても、途中で変更することはいつでも可能なので、もし決めたものより、いいキーワードが見つかった際はどんどん入れ替えてアップデートしていきましょう。

BASEは少しの工夫だけで売上を向上させたりすることも可能なので、このような工夫をしながら、アクセスを向上させ、ぜひ売上を上げられるようになってみてください!

▼(オススメ)ビジネスに役立つ書籍を幅広く紹介しています▼